黒須とおる
トップページ > 角田市の紹介

角田市の紹介

角田市は宮城県南部に位置し、市の東西は山地であり、 市内を南から北に向けて阿武隈川が流れる、 緑に囲まれた穏やかな気候の町です。

人口

総人口 29,643人(男14,676人、女14,967人)
世帯数 11,485世帯(1世帯当たり2.58人)
人口密度 200.9人/平方キロメートル
※平成30年3月末住民基本台帳人口

人口動態

自然増減 △290人(出生161人、死亡451人)
※平成29年宮城県統計年鑑(平成28年の内容)

沿革

・明治2年 - 白石県が角田県に改称。角田城に県庁を置く。
・明治4年 - 角田県が仙台県に統合され廃止(仙台県は翌年宮城県に改称)。
・明治22年 - 町村制施行にともない、角田本郷・豊室村・横倉村が合併して伊具郡角田町が発足。初代町長は旧領主の石川邦光。
  また、北郷村・桜村・西根村・東根村・藤尾村・枝野村がそれぞれ成立。
・昭和3年 - 伊具郡舘矢間村のうち旧・小田村域を角田町に編入
・昭和29年 - 角田町・北郷村・桜村・西根村・東根村・藤尾村・枝野村が 合併し、新制の角田町が発足。
・昭和33年 - 市制施行し、角田市となる。

予算規模(平成31年度)

○ 一般会計 123億6,800万円(前年度比▲4億5,600万円 ▲3.6%)
○ 特別会計  82億3,485万円(前年度比▲2億5,659万円 ▲3.0%)
○ 一般会計・特別会計・企業会計(収益的支出・資本的支出)の総合計
 221億6,420万円(前年度比▲7億7,632万円 ▲3.4%)

産業

[2017年1月31日]
○事業所
(平成26年経済センサス-基礎調査)
・事業所数(民営のみ) 1,243事業所
・従業者数 13,451人

○農業
(2015年農林業センサス、平成18年~19年宮城農林水産統計年報)
・農家数 2,152戸(販売農家 1,511戸 自給的農家 641戸)
・農業産出額 49億1千万円

○製造業
(平成26年工業統計調査)
・事業所数 60事業所
・従業者数 5,796人
・製造品出荷額 1,711億9,518万円

○商業
(平成26年商業統計調査)
・卸売業・小売業 ・事業所数 254事業所
・従業者数 1,426人
・年間商品販売額 255億6,300万円

角田市議会議員選挙

任期満了日    : 平成31年9月30日(月)
選挙期日(投票日): 平成31年9月15日(日)
告示日      : 平成31年9月 8日(日)
選挙事由 任期満了  定数 18人

教育

◆ 小学校
角田市立角田小学校  角田市立桜小学校  角田市立北郷小学校  
角田市立横倉小学校  角田市立西根小学校  角田市立東根小学校
角田市立藤尾小学校  角田市立枝野小学校

◆ 中学校
角田市立角田中学校  角田市立北角田中学校  角田市立金津中学校

◆ 高校
宮城県角田高等学校

◆ 特別支援学校
宮城県立角田支援学校