黒須とおる

政策と理念

トップページ > 政策と理念


黒須とおる
『幸せの4つ葉の
クローバー提言』
Happy four-learved clover

国・県・市の連携をさらに太く!強く!

国・県との強力な連携で、災害への迅速な対応と、角田市の財政健全化を図ります。
自治センターを地域の拠点として、必要な権限・財源を移していきます。
市職員の専門性を活かし、市民とともに考える環境づくりに取りくみます。
家庭・学校・地域が協働する「コミュニティスクール」(※2)制度を導入します。
お互いが思いやり、助け合うやさしい連帯社会の実現を目指します。
(※2)コミュニティスクール:地域住民が学校運営に 参画し、協働して子どもを育む仕組みを有する形態

地域産業の復興!
農・林・商・工業を全力で支援

地元産業・産品のグローバル化、ブランド化で産業振興と豊かな財政づくりに努めます。
地元産業と先進技術のマッチングにより、新たな地場産業を生み出します。
角田の豊かな自然環境下で、テレワークなどを活用した新たなビジネスを創出し、Iターン、Uターンを促進します。
将来起こりうる大規模災害に備え、地場産品の備蓄等、角田市が貢献できるシステムを構築します。

いのちを守り、豊かに育む

自然災害から市民の命を守る万全の防災対策、事前避難行動計画の導入を進めます。
台風第19号からの完全復旧・復興(河川管理・排水機場等の整備、他)を急ぎます。
命が誕生し、安心して生き、老いていける地域包括ケア社会(※1)を充実させます。
医療機関(市内・市外)への移動など、暮らしに必要な交通手段を確保します。
新型コロナウィルス等の感染症から市民の命を守り、暮らしを支えます。
(※1)地域包括ケアシステム:病院・福祉施設・行政・地域が連携し、住民の健康を守るシステム

子どもたちと共に、生きる力を培う

角田市の歴史・伝統・文化を学び、誇りに思う「ふるさと学習」を行います。
保育料、子ども医療費、学校給食の完全無償化を目指します。
雨天時の遊び場など、子育て世代が安心して、生き生き暮らせる環境を整えます。
「地方→都会」の流れを変え、地元で活躍する人材を育成します。
「角田市の教育ビジョン」を示し、新たな学習方法を取り入れ、学力の向上を目指します。