黒須とおる
トップページ > 記事:2020-09-01
市長就任挨拶
令和2年8月11日

この度の市長選挙において、市民の皆様の温かいご支援とご支持を頂き、第7代角田市長として市政を担うこととなりました。
責任の重大さを噛み締めながら、市民の皆様から寄せられました期待と信頼にお応えするべく、時代の変化に対応できる角田市を、市民の皆様とともに作り上げてまいりたいという新たな決意と使命感を持って市政運営に精励したいと考えております。
さて、今日、少子高齢化がますます進行しており、5年前の国勢調査では、本市の人口は30,180人という結果でありましたが、今年の国勢調査では、30,000人を下回るのではないかという状況であります。
このような厳しい状況の中で、令和元年東日本大風災害、新型コロナウイルス感染症の災害を始め、防災・天災対策、教育・福祉や子育て支援の充実、産業基盤の整備、雇用の確保、地域コミュニティの活性化、健康長寿の推進、財政の健全化など、様々な課題が山積しております。 私は、この度の市長選挙で示させていただいた、公約を実現していくとともに、幅広く市民の皆様のご意見を市政に反映していけるような仕組みを作って参りたいと考えております。
将来のまちづくりを展望する上で市民の声を丁寧に伺いながら、市職員の専門性と連携を活かせるような体制づくりに取り組み、市政運営を行わなければならないと考えます。
そして、市の財産である自然環境、歴史・伝統・文化、産業、これらを活かせる人材を育てる。子育て世代が安心して過ごせる環境づくり、そして地元で活躍する人材を育成できるまちづくりを進めてまいります。
市民の皆様とともに、新時代の角田市のまちづくりを確実に誠実に、粘り強く全力を尽くして取り組んで参りますので、市民の皆様の一層のご支援とご協力を賜りますようお願い申し上げるものでございます。
結びに、皆さまのご健勝とご多幸を祈念申し上げ就任の挨拶といたします。

令和2年8月11日 角田市長 黒須貫